少し気が早いのですが、私が考える今年の冬の狙い目のカニをご紹介します。

それは!

北陸新幹線の開通で話題の石川県のカニ。

「香箱ガニ(こうばこがに)」

です!

香箱ガニはズワイガニの雌のことですが、北陸地方で獲れたものをこのように呼びます。

(ちなみに、京都府の北部ではコッペガニ、福井県ではセイコガニと呼ばれたりもしています。)

このカニの魅力は小ぶりながら濃厚な味わいで、外子(そとこ)と呼ばれる卵と、内子(うちこ)と呼ばれるオレンジ色の卵巣部分と味噌が絶品。

地元の人からの人気も高く、やみつきになってしまうそうですよ。

なぜ、こんなに早めに紹介をしたかというと、漁ができる期間が短いんです。

11月から1月の初旬くらいまでが、一般的なので、雄と比べるとかなり短めです。

11月が近づいてきたら是非チェックしてみてくださいね!

このサイトでも紹介したいサイトがあれば、もちろん掲載しますのでお楽しみに!