鳥取県産魚PR推進協議会が鳥取県の松葉ガニをブランド化しようと動き出しました。

トップブランドの名称は「五輝星(いつきぼし)」。

トップブランドとして販売されるカニは、厳しい基準をクリアした全体の1.5%に満たない希少価値の高いカニとなるようです。

五輝星の選別には、卸売業者から「目利き人」10人を選んで、一定のの基準をクリアしたものになります。

カニのはさみに付けられるタグは直径4センチほどで、金色の円の中に

「特選とっとり松葉がに 五輝星」

と書かれています。

五輝星の基準

  1. 大きさ:甲幅13.5センチ以上
  2. 重さ:1.2kg以上
  3. 形状:脚がすべてそろっているもの
  4. 色合い:焼けがにを除く
  5. 身入り:身が詰まっていること

このような基準をクリアして卸業者の目利きに叶う松葉ガニ。

是非とも食べてみたいものです。

今年から始まったことですので、値段とかどの程度手に入りにくいのかなどは分かりません。

でも11月7日の解禁後、徐々にそのベールを脱ぐはずです。

スゴく楽しみですね。

マークしておいてこのサイトでも調べて掲載したいと思います。