カニの激安通販の最新情報を一挙紹介!

カニの栄養価

ほとんどの人はカニを「美味しいから食べる」という感じですよね。

当たり前のことだと思います。

もちろん私もその一人です。

でもカニにはありがたい栄養素が含まれているんですよ。

特に女性にはうれしいかもです。

カニの栄養価(アスタキサンチンなど)

アスタキサンチン

代表的な栄養素がアスタキサンチン。

アスタキサンチンは老化予防に効果的だと言われています。

老化の原因となる活性酸素を除去してくれるんです。

特にシミやシワの原因となる紫外線。

紫外線によって作られる活性酸素に対しては効果的でアスタキサンチンを塗るとシミへの効果があるという研究結果があるんです。

研究では塗っていますが、体内に摂取するという意味では食べても効果が期待できそうです。

この研究は非常に興味がありますね。

次に疲労回復です。

筋肉の疲労だけでなく、眼精疲労にも効果があると言われています。

アスタキサンチンは、ポリフェノールやリコピンなどを含む食材と一緒に食べると相乗効果が期待できます。

ワインでポリフェノールを摂りながら、サラダにトマトを入れて、カニ鍋をするといいかも!

さらに油物と一緒に食べることによって吸収率がアップするので、食べ合わせも気にするといいですね。

カニの他にはイクラやサケに多く含まれています。

タウリン

栄養ドリンクなどでよく見るタウリンですが、カニにも含まれています。

タウリンはコレステロール値を下げたり、肝機能を高めてくれたり、むくみや便秘を解消してくれる作用があると言われています。

コレステロールは肥満の原因ですから、ダイエットにも効果的かもです。

そしてむくみや便秘にもいいなんて!

やっぱり女性にはうれしいですね。

タウリンはカニの他にサザエ、カキ、ハマグリなどの貝類やイカやタコに豊富に含まれています。

キチンキトサン

キチンキトサンは免疫力を高めてくれたり、体内にある有害物質を外に出してくれる解毒効果があります。

研究ではウイルスなどの異物を撃退するマクロファージを活性化させる作用が明らかになっています。

さらに、コレステロールも吸着して体外に排出してくれて、コレステロール値を下げます。

そして、脂肪の蓄積を防ぐ効果もあるという、とてもありがたい成分ですね。

キチンキトサンはカニやエビの殻の部分に多く含まれます。

殻ごと食べる桜エビなどで多く摂取できますね。

あと量は少ないですが、キノコ類やチーズにも含まれています。

ビタミンB群

最後にビタミンB群です。B群というくらいですから、いくつかのビタミンBがとれます。

(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸など)

疲労回復や新陳代謝の促進などいろんな効果があります。

これを含む食材はたくさんありますが、豚肉・うなぎ・レバー・かつお・まぐろ・カキ・さんま・枝豆・ほうれん草などに多く含まれています。

いかがですか?

こんなに栄養価の高い食材なんですよ。

次に食べるときは、ちょっとカニの見方が変わりそう?

もしそうなってくれたら、うれしいし、紹介した甲斐がありました(笑)

PAGETOP
Copyright © 激安カニ通販 All Rights Reserved.